トップページ
トップページ RI会長メッセージ ガバナー挨拶 クラブ運営方針 庄原RCニュース
理事・役員委員会構成 歴代役員 例会・行事予定 リンク メール

庄原ロータリークラブ会長

垣 内 秀 孝

 2018~19年度 国際ロータリー会長テーマ

BE THE INSPIRATION
「インスピレーションになろう」


 国際ロータリー会長のメッセージは、ロータリー年度の奉仕の実践で、最も大切にしなければならないテーマと言われています。
 2018~19年度バリーラシン会長テーマは『インスピレーションになろう』であります。
 要旨は前向きにロータリーを理解しながら永続性があって、そして希望がもてるように良い変化への建設的な取り組みをしよう。であります。
 次に2710地区吉原ガバナー信条は『輝こうロータリーふたたび!』そして基本目的『仲間を増やそう、すべてはそこから始まる』の啓発であります。
 これら会長テーマとガバナー信条の崇高な理想を視座し、当クラブが少しでも伸展し、活性化するよう頑張ってまいります。
 クラブ運営方針は、「原点に返ったロータリアンになろう」とし、このことは当クラブ定款の綱領にかかる「奉仕の理想」であります。己の職業を生かし、続けさせてもらっている社会に感謝するとき、その奉仕の基本として、個人生活、社会生活、職業生活に於いて利己的欲求は最小限にとどめ、常に最大利他の究極を求め続けて行こうとするロータリーの哲学であります。
 最高法規である定款第4条の綱領の受諾を柱に、細則等を遵守する仲間達であるからです。
●次に第6条会合=例会出席の義務、例会参加が非常に重たい約束ごとと認識しています。
 それは「出席の義務」に対して救済措置手段があらゆる手法として列挙されています。つまり例会出席は如何にして大事であるかを物語っています。グループ12内での出席を構えるなどして、仲間を大切にすることであり、頑張りましょう。

●更に、ロータリー雑誌等の講読義務であります。
 機関誌であるロータリー雑誌等は講読しなければならない。明記されているロータリアンの目的を推進し、綱領を達成するのも助ける媒体である。
広報活動、啓発の原点でもあり、私達はすばらしい集団だから学習を更に深めよう。

●又、本会の指針となる原則はすばらしい仲間の集まりである。「4つのテスト」を大切に行動しよう。
具体策では、
◆戦略計画委員会を設けて2710地区方針に鑑みて、情報交換研修しながら、会員増強に取り組み、クラブ強化を目指します。
◆本年度は、当クラブよりガバナー補佐が強化されており、支援を受けながら諸般について学習機会を設け、加えてグループ12インタルミーティングの大会を成功するよう積極的に取り組みます。

 以上、原点に返り、地域社会・仲間集団それぞれ「かえしを求めない奉仕活動」をしたいと思います。よろしくお願い致します。

事務局 〒727-0013 広島県庄原市西本町2-18-8 新興ビル305号 TEL&FAX:0824-72-5500 Copyright(c)2007 Shobara Rotary Club Allright reserved. 庄原ロータリークラブへようこそ
e-mail:S-rotary@alto.ocn.ne.jp